インプラント

インプラント

インプラントとは、歯を失ってしまった部分に、人工の歯根を埋め込みその上に人工の歯を被せる治療方法です。手術によって埋め込まれた人工の歯根は、骨となじんで固定され、自分自身の歯であるかのように噛む事ができます。
ブリッジの様に隣の歯を削ったり負担をかけることなく、機能と審美性を回復できる治療方法です。

インプラントの素材は?

インプラントの素材は、身体に負担や悪い影響がでないチタン製です。骨となじませるために表面処理も施されています。

インプラントを利用すると

以下の写真をごらんください。長年入れ歯を使われていましたが、どうしても慣れないという事で相談に来られた患者さんのものです。

当院でインプラントいれられた後の写真が以下です。

現在は煩わしさから解放され快適ということです。
インプラントにはとかく「怖い」「高い」というイメージがありますが、簡単な検査診断なら保険の範囲内で行えるので気軽にご相談ください。

シンプラント

より安全で信頼性の高いSimPlant(シンプラント)

SimPlantとは、インプラント手術を行う前に、3D画像によるコンピューターシュミレーションを行うためのソフトです。
従来のレントゲンでは、骨の構造を立体的にとらえる事ができません。そのため、術前に想定していた状況と異なることがあり、術前に用意していたインプラントのサイズを埋入する事ができなかったり、予想外の処置が増えて治療計画を変更しなくてはならなかったり、患者さまにも負担をかけることがありました。
そこで当院ではインプラント手術の前に歯科用CTによる3Dでの撮影を行い、その撮影画像を使って実際のインプラント埋入シミュレーションを行います。
3D画像は、患者さまからみても非常に分かりやすく、インプラントの術前説明も、十分に納得していただいた上で手術を受けて頂く事ができます。
実際の手術においても、3D画像による正確なシミュレーションに基づいて、患者さまに負担の少ない安全なインプラント治療を行うことが可能です。

シンプラントの特徴

シンプラントは、歯科用CTにより3D画像を使って、インプラント手術の前にシミュレーションを行うことが可能です。
通常のレントゲン画像では、骨の形状や骨質が違っていたりする場合があります。そのような場合では、手術中に術式の変更をしなければならず、手術の部位が多くなってしまったり、思わぬ事故につながったり、患者さまへの負担も大きくなってしまいます。シムプラントではそのようなエラーを最大限防ぐことができます。

サージカルステント/サージカルガイド

インプラント手術をするためには、顎の骨にインプラントを埋め込む必要があります。サージカルステントとはインプラントを埋め込む位置を確認するための透明の樹脂の型のことです。サージカルガイドとは埋め込む際のドリルの適切な位置を示すためのガイドになります。

歯科用CTで撮影した患者様の顎の骨の3Dデータをもとに、シムプラントを使ったシミュレーションをもとに、最適な埋め込み位置を算出して、サージカルガイドを作製いたします。

シンプラント使用による手術までの流れ

  1. STEP 1CTスキャン撮影

    CTを撮影します。

  2. STEP 2コンピューターで画像処理

    CTデータを基に、神経や歯根の位置を確認します。 また、立体画像を作成して検討したり、骨の硬さを調べたりします。

  3. STEP 3治療計画の説明

    SimPlantのデータに基づき患者様に治療の流れをシュミレーションします。
    使用するインプラントの選択や、埋入の位置や角度など、精密な手術計画を立てます。
    インプラント治療では、このように治療前に、必要な情報を収集し、綿密な治療計画を立てることが重要です。

  4. STEP 4手術用ドリルガイド(サージガイド)作成

    シミュレーションした計画通りに手術を実行するための手術用ドリルガイド(サージガイド)が作製されます。骨支持を行う症例の場合、患者様の骨とそっくりのモデルを用意して、歯科医師がリハーサルを行うことも可能です。

  5. STEP 5仮歯の作製

    口内の型と手術後の型のシミュレーションによって、仮歯を作製します。