痛くなる前に行く 予防歯科

虫歯になる前に歯医者さんに行く習慣を

歯医者さんは、虫歯や歯が痛くなってはじめて行く方がほとんどだと思います。
しかし、虫歯などは歯医者にきたら治るものではなく、それ以上進行しないように治療することしかできないのです。

“歯を削ると二度と元に戻らない”
なので、歯が痛くなってから行くのではなく、虫歯を予防するために行くことが重要なのです。

予防歯科は、定期的に歯のメインテナンスを行い、常にお口の中の健康を保ちます。
お口の中の健康状態を維持する為にも、3ヶ月に1度は、定期的に予防歯科を受けられることをお勧めします。

どんな治療をするの?

予防歯科は、歯科医師・歯科衛生士が専門の器具や予防歯科専門で用いる専門の器具やフッ化物入りペーストを使用して、歯の全体をチェックして、歯の表面についているプラーク(歯垢)の除去(PMTC-プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)を行います。
普段のブラッシングではなかなか取れない歯石や歯についたヤニやブラッシングしにくい歯のすき間や歯ぐきとの間もキレイに除去します。

フッ素塗布

虫歯は、虫歯菌(ミュータンス菌)とよばれる虫歯の元が外部から侵入してきて虫歯を作ります。
本来、口の中にはこの虫歯菌はありませんが、一度入ると、口の中で増えて虫歯の原因になります。

この虫歯菌を抑えるために、歯ブラシやフッ素塗布が有効とされています。
特にフッ素は、歯の表面に塗布することにより、歯の表面のエナメル質を守り、虫歯菌の増殖を抑えて、初期の虫歯などを治して強い歯を作ります。
小さなお子様などの虫歯予防に効果的です。

歯周病の治療は

歯周病は一旦なってしまうと、完全に治すことはほとんどできません。
通院などで一時的に歯周病菌を完全に除去したとしても、ご家族やまわりの方の口の中にも歯周病菌はいるので、簡単に感染してしまいます。
一度歯周病になり歯茎が下がると、ある程度歯茎を引き締めることはできますが、完全に元通りにすることができません。

歯周病になった場合、一番大切なことはそれ以上の進行をさせないために定期的にお口の中をきれいにすることです。
歯周病菌は、普段のブラッシングではなかなかすべてを取り除くことはできません。
定期的に、検査をして早期治療とメインテナンスを受けられることをお勧めいたします。

スウェーデン式予防システム エアフローを利用したメンテナンス治療

スウェーデンは歯科医学界で最前線の研究を行っている国です。歯を失う主な原因である歯周病や虫歯をしっかり予防することにより、いつまでも歯の健康を維持し続けます。
日本では80%以上の成人が歯周病ですが、スウェーデンでは10%以下です。
痛くなく、気持ちのよいメインテナンスをぜひ体験してみてください。

スイス製 EMS社エアフロー

スイス製の痛みの少ないクリーニング器械を導入しています。
歯科医院が苦手な方にも好評です。

エアフローは非常に細かい粒子のパウダー(アミノ酸のグリシン)を歯や歯周ポケットに吹き付けることでバイオフィルムをスピーディに除去!!

歯周病の原因は、歯に付着しているヘドロのようなバイキンの集まり「バイオフィルム」なのです。しかし残念ながら歯ブラシ、歯間ブラシではバイオフィルムはとりきれません。